肝斑に効くハイドロキノン化粧品ランキング|肝斑対策の定番はこれ

肝斑のケアに効果的なハイドロキノン化粧品の選び方

ハイドロキノンがメラニンまで届くもの

ハイドロキノンはメラニンを漂白してくれる成分ですが、メラニンまで届かなければその効果を十分に発揮することはできません。しかも、メラニンが重なって層になっている部分こそ、シミが濃い部分なので、濃いシミほど深いところにあるメラニンまでハイドロキノンを届ける必要があります。しかし、ハイドロキノンはあまり浸透力が高くないので、ナノ化などによって浸透力を高めているものを選ぶ必要があります。

ハイドロキノンの劣化を防いでくれるもの

ハイドロキノンはとても酸化しやすい成分です。酸化すると効果が低くなってしまうだけでなく、肌に刺激となってしまうので、できる限り酸化を防ぐことが不可欠です。空気に触れないよう気になっているのはもちろんですが、ハイドロキノンをコーティングして直接空気に触れないようにしているものを選ぶことをおすすめします。

ハイドロキノンの刺激を和らげているもの

ハイドロキノンは美白効果が高い分、刺激が強いという特徴があります。肌の弱い方だと肌荒れを引き起こしてしまう可能性もあります。そこで、肌への負担を軽減するために、メラニンに到達するまで美白作用を起こさないような処方を施されているものを選びましょう。メラニン以外の部分では、ハイドロキノンが働かないように処方されているものであれば、肌への刺激を最小限にとどめることができます。

肝斑に効くハイドロキノン化粧品ランキング

順位 商品名 評価 商品詳細

ビーグレン
浸透力:◎
劣化しにくい:◎
低刺激:◎
メラニンまで確実に届く!
ビーグレン独自の浸透テクノロジーである「QuSome(超極小カプセル)」でハイドロキノンをナノ化することによって、メラニンまで確実に届く高浸透力を実現した化粧品です。QuSomeには成分を保護する役割もあるので、ハイドロキノンが酸化によって劣化するのを防ぐことができます。しかも、メラニンのところで溶け出す仕組みになっているので、肌への負担も軽減することができます。
ビーグレン

アンプルール
浸透力:○
劣化しにくい:◎
低刺激:◎
皮膚科医が開発した化粧品!
ハイドロキノンの酸化を防ぐことで化粧品に安定配合できるように作られた「新安定型ハイドロキノン」を独自に開発し、配合した化粧品。ハイドロキノンが劣化しないので、肌への負担も軽減することができます。肌のことを知り尽くした皮膚科医が開発に携わっているので、商品の安全性についてはとても安心感があります。
W美白ケアで、くすみ知らず

オバジHQ ブライトニングナイトセラム
浸透力:○
劣化しにくい:○
低刺激:○
有名ブランドのハイドロキノン!
酸化しやすいハイドロキノンを高密着なバーム状のテクスチャーに仕上げることで、安定的に配合することに成功しました。肌に乗せてバームが溶け出すことによって、ハイドロキノンが浸透していきます。ただし、ハイドロキノンがナノ化されていたり、コーティングされているわけではないので、浸透力と低刺激についてはやや不安のところも。

肝斑に効くハイドロキノン化粧品で安心して使えるのはこちら

安全なのに高い効果が期待できるのは「ビーグレン」です!

医療技術を応用した浸透技術
⇒ 医療で用いられる最高峰の浸透技術を化粧品に世界ではじめて応用したのがビーグレンです。QuSomeという超極小カプセルでハイドロキノンをナノ化することによって、深いところにあるメラニンまで確実に浸透させることができます。
ハイドロキノンを劣化させない処方
⇒ ハイドロキノンが空気に触れないように、QuSomeカプセルでしっかりとコーティングしています。QuSomeは浸透力を高めるだけでなく、成分を空気に触れさせないという特徴があるので、ハイドロキノンを酸化から守ってくれます。
ハイドロキノンの低刺激化に成功
⇒ カプセルの中を層構造にすることによって、ハイドロキノンが一気に溶け出すのではなく、少しずつ溶け出すような仕組みを採用しています。これによって、角質層だけにハイドロキノンが大量に浸透することがないため、肌への刺激を抑えることができます。


医療レベルの浸透技術を採用しているハイドロキノン化粧品は「ビーグレン」だけ!